Quote
"

「考える」ということは2段階で行う

つまり、「考える」ということには以下の2段階があるということです。

  1. 小さなアウトプットを重ねて穴=自分が何がわかっていないかを可視化する
  2. 問題が穴埋め問題に変換できたところで最終的な解決を導き出す

たいていの人は問題はこうやって2段階で「考える」のだということを知りません。それで一気に最終的な解決案を導き出そうとして「できません」なんて言う。でも、そんなのできるわけない。あの森博嗣さんだって小説のタイトルを「考える」のに「200や300の案を考えて、そこから絞り込みます」って言うんだからさ。

ダメなアウトプットを恥ずかしがって出そうとしないから何にも前に進まないんじゃないでしょうか? そういう人には「考える」って頭を使うことじゃなく手を使うことですよって言いたい。「考える」のは頭じゃなくて、目の前の紙と手の組み合わせなんだって。"

Fw:本当に考えたの?(それは「考えた」と言わない。): DESIGN IT! w/LOVE (via tra249)

(syuzzyから)

Quote
"アマは最高の出来がその人の評価で、プロは一番最低の出来がその人の評価。"

将棋ペンクラブログ: 森信雄六段(当時)インタビュー (via zoker)

(kituneから)

Quote
"

私が長時間労 働に反対するのは、ただ怠けたいからではない。もし、長時間労 働を通じて高給が稼げるのなら、割り切ってそうするのもその人の選択であろう。しかし、実際には、日本では長時間働いたところで、残 業代さえ請求できないこ とが多い。おそらくは、そもそも仕事を効率的に短く切り上げようという意識が乏しく、だらだらと仕事をしているのだろう。こうやって家庭をないがしろにし ているうちに、だんだん家に帰るのが億劫になる(帰宅拒否症候群)。そういう人が周囲を無駄な残業に巻き込み・・・という悪循環が起こる。

雇用 者も従業員も労働コストに対する意識が甘いのだ。その結果、抜本的な業務改革によって、業務の効率化を行い、利益を上げようという意識が弱くなる。あるい は、思い切って収益率の低い事業を捨て、リスクはあるが高い収益の 可能性がある事業に参入しようという意欲も乏しくなる。

結局のところ、日本人は「働いているフリ」をしているにすぎないのだろう。知識経済 の現代において一番重要な態度は、一にも二にも、自分の頭を使って、考え抜くことだ。しかし、実際には長時間労 働を通じて「身体の汗をかいています!」というアピールをする者ばかりで、本当に頭に汗をかいている人間が少ないのではないか。これでは、日本企業国際競争 力が下がり、日本全体が貧しくなっていくのは当然かもしれない。

"

(via:takaakik) (via mnak) (via ipodstyle) (via yaruo) (via quote-over100notes-jp) (via yellowblog) (via spx808) (via 32hero)

Quote
"ホウレンソウをしつこく言う会社は、わしの経験上良くない会社が多い。いい会社はソウレンソウをシステム化しているので、何も言われなくても報告・連絡・相談ができるようになっている。悪い会社に限って、会社から社員へ情報が流れない。だからホウレンソウが出来ない環境にアル。(2ちゃんねるより"

Twitter / hiseiki_koyosha (via yellowblog)

(uzibozeから)

Photo
asiadreaming:

haruna kawaguchi | 川口春奈
Photo
avianawareness:

THEY JUST KEEP GETTING BETTER

avianawareness:

THEY JUST KEEP GETTING BETTER

(spx808から)

Photoset
Photo
shinoddddd:

Twitter / yakudachi_rt: 今日の井の頭池はめちゃくちゃ桜が張ってるので水面上を歩けるよ!
Photo
ftkstdeny:

困った韓国ちゃん

ftkstdeny:

困った韓国ちゃん

(f-megから)

Quote
"

── 多摩美や京都精華大学の漫画家志望の学生は、どんなメンタリティなんですか。

竹熊 すごい才能だなと思う人は何人もいましたけど、僕の知る限りは一人もデビューしてないですね。それはいろいろな理由があるんですよ。他人とコミュニケーションが取れないとか、完全主義すぎて、半端なものは出したくないとか。

赤松 うまいやつはみんなそう言う。

竹熊 女性で1人、これは天才だなという子がいて、アイデアを聞いて面白いからネームにしてみてよって言ったんだけど、2年経っても完成しない。要するに完全主義なんですよ。その割にコミティアにBL(ボーイズラブ)漫画を出してて、それは描くんですよ。ところがコミティアにブースが受かったのに、会場に来たのが(午後の)3時。それまでずっと描いててさ、とじてもいないコピーの束を持ってきて。もちろん売りようがないですよね。コピーを見たらやはり上手いんですけど、これじゃあプロは無理だなと。

"

徹底討論 竹熊健太郎×赤松健 Vol.4:これからは年収600万円や800万円の漫画家が増えるかも (2/3) - ITmedia eBook USER (via katoyuu)

(syuzzyから)